This Category : 4月 ダイヤモンド

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.23 *Mon

●○ ・・・微かな ○●



4月の誕生石…ダイヤモンド
・石の語源…ギリシャ語の adamas 、「不屈なもの、征服できない、懐かない」
・登場人物・・・あやね、健人





+ ・・・微かな

**********************


・・・何度扉をノックしても、返事がないんだ。
こんなこと、正直初めてなんだよなぁ。
あまりにわからなすぎて、オレとしたことが風早坊ちゃんにまで相談らしきものをしてしまった。
まぁ、唐突過ぎると言えば唐突すぎるしな。
・・・オレ、いまちょっとふわふわしてんのなぁ。
なんか、笑える。でも、そんな自分が別に嫌じゃないことにも、驚いたな。



---



「あやねちゃん!」

HRが終わってからしばらく経つ。屋上で物思いに耽り、薄闇があたりを覆い始めたころ
ケントは自らも帰途につこうとぼんやりした足取りで下駄箱に向かった。
そこで、図書室帰りのあやねと遭遇する。

「・・・あー、ケントか。何、遅いじゃない」

あやねは手に持っていたローファーをコンクリの床に下ろしたところだった。
屈みながら上目遣いで健人を見る。

「今、帰り?」

「うん、そう。あやねちゃんはまた勉強してたの?」

図書室で?という顔をしている健人に、あやねは口元にうっすら笑みを浮かべて応える。

「・・・そうよ。落ち着くの、あそこ」

「ふーん。ね、一緒に帰っていい?」

同じく下駄箱からスニーカーを出し履こうとしている健人を残し、あやねは校舎を出る。

「嫌だけど、嫌だって言ったら超やなやつよね、あたし。会っちゃったんだし」

ふぅ、とため息が聞こえる。しかしそんなことにめげる健人ではない。

「ラッキ」

健人は先に出たあやねを追って、校舎を出る。あやねの半歩後ろについて、歩いた。





(・・・気付いて、くれたかな。気付いてないかな)

ふわふわ、ふわふわ。

風に揺れるあやねの髪と、健人の想いが重なる。

「・・・日、長くなったねぇ」

相変わらずあやねの後ろを歩きながら、健人がつぶやいた。

「うん、そうだね。・・・あたし、・・・春のさ、こういう時間、すきなんだよね」

車道を通る車が一陣の風を起こす。それにさらわれる髪を、片手で押えながらあやねが言った。

「なんかさ、夕暮れと・・・湿った空気が、混ざるじゃない。この感じ」

陸橋の上で薄い灰色のカーテンを降ろし始めた空を眺め、川面を見つめる。
今日のあやねはいつものあやねとはちょっと違うようだ。
・・・彼女の好きな、夕暮れの時間がそうさせているのだろうか。
いつもよりも伏せ目がちな瞳を見つめて、思う。

「わかるよー。匂い、あるよね。こういう時間って」

季節ごとに違うよなー、と後に続ける。

「・・・あやねちゃん、キレイ」

健人はふと思ったことを口にしてみた。

あやねは髪を抑えたまま振り返り、驚いた顔をしている。
もともと大きな瞳が、はちきれんばかりに開かれている。

「・・・そういうのはさ、ケントガールズに言ってやんなよ」

「え~?何それ?」

「あんたの取り巻きの女子たち・・・いるじゃない、可愛い子がいくらでも」

健人はふと考え込む。よく会話を楽しんだりイベントを楽しんだりするあの子たちのことか、と思い当たる。

「あの子たちはそういうんじゃないからなぁ。・・・あやねちゃんは、キレイだし、・・・可愛いよ」

あやねは何も言わず、黙ってしまった。

(・・・ほんとは、優しい君のほんとの気持ちが知りたいんだけど…)

知ってしまうのも怖い。
今までそんな関係でもなかったから、こんな風に話すのも新鮮だ。
だからこそ、健人の気持ちは簡単には届かない。

「そういう風に、空気とか、季節とか感じられるのって、・・・素敵じゃん」

だから、あやねちゃんは心が奇麗だよ。可愛いんだ。

聞いているのか聞いていないのか、あやねはだんまりを決め込んだまま川面から視線を外さない。
見上げる空には無数の星がきらめき始める。

「・・・なによ、調子狂うわ」

歩きだしたあやねに慌てて、後を追いかける。

「ほんとだよ。・・・俺も、ちょっと変わったっしょ」

いろいろあったからねぇー、といつもの調子でおどける。

「・・・そーいうとこは変わってないけど、ちょっとは変わったかもね」






(・・・気付いてくれるかな。気付いてくれないかな)

交差点で、手を振り別れる。
健人はいままで確かにそこにあったぬくもりが離れていくのを、肌で感じる。
触れたわけではないが、同じ空気を感じて、少しだけ近づけた気がした。
歩き去るあやねを見つめながら、そのことが幻ではないことを祈る。

ふわふわ、ふわふわ。

あやねが振り返り、まだ佇む健人に気付いて大きく手を振った。
健人はびっくりして手を振り返す。あやねが再び歩き始めるのを確認して、背を向け歩き始める。

バックを肩にかけ両手をポケットに入れたまま、健人は空を仰いだ。
あやねの言った通り、少し湿った空気と凛と冷たい夜風が混ざり始める。

「・・・北斗七星。・・・あれ、ほんとは北斗八星なんだっけ」

柄杓型の星座に視線を滑らせる。
健人はあたたかい気持ちを感じながら、ゆっくりと歩いた。



---


ふわふわ、ふわふわ。
澄み切った空気のもとふわりと漂う、微かな恋の香り。








Fin





**********************




春の夜と夏の夜の空気が大好物です。
芦屋トモです、こんばんは。


4月の誕生石は以前一話書いているんですが、今回は視点を変えてみました。
というかここ半年前くらいにちょっと勉強しなおしていたので、思い出したのです。

ダイヤモンドの語源ってギリシャ語と言われています。その他イタリア語ディアマンテやフランス語ディアマンあたりは有名でしょうか。

この語源から遡ってみると、意味は「懐かない」とか・・・。懐かない・・・
健人に懐かないあやね!を妄想してしまいこの話が書けました。


今夜はあいにくの天気ですが、春の暖かさが来る前の夜というのは本当に独特の空気で、私自身も好きです。

皆さんも、ぜひ夜外に出られることがあったら、気にしてみてください。
いろいろあるけど、日本っていいなぁーと思えます(笑)



2012.4.23 
芦屋トモ






スポンサーサイト

2010.04.27 *Tue

●○ ダイヤモンド ○●


4月の誕生石…ダイヤモンド
・石言葉…「純真無垢」
・登場人物…風早・爽子
・時系列…想いが届いてからの春




+ ダイヤモンド


******************************




「黒沼」


「は、はい!」


ごろりと気持ちよさそうに寝そべっている風早から、呼びかけの声が聞こえた。爽子がそれに応えるように振り向くと、風早は爽子の目を見つめながら、小さく微笑んだ。


「呼んでみただけ」


「そ、そうですか・・・」


「うん」


爽子がなんだろう?と首を傾げても、風早は柔らかく微笑んだまま。



-----



良く晴れた4月下旬の昼下がり。風早と爽子は午前中だけで授業の終わる土曜日に、一緒に帰宅した。お昼を食べてから再集合ということで、いつもの河原に来ている。ぽかぽかと暖かい日差しを降り注いでくれる太陽の下、風早は春らしい薄手のコットンワンピースにカーディガンを羽織った可愛らしい爽子とマルを連れて、この上ない幸せな時間を過ごしている。爽子の持ってきたシートを広げ、これもまた丁寧に淹れられたハーブティと、爽子お手製の焼き菓子と。さわさわと心地よい風と葉擦れの音の中、2人はのんびりとした時間を共有していた。



「・・・黒沼」


「はい」


先程と寸分変わらぬ風早の呼びかけ。また呼ばれただけかな?と思い、爽子はマルを膝に乗せその頭を撫でたまま、伏せ目がちに応える。



「・・・なんでもない」



「・・・うん。いいの」



爽子はマルを撫でていた手を止め、風早のほうへ振り返った。自分を見つめる風早と目が合った。ほんのりとピンク色に頬を染め、自然と出てくる笑みを風早へと向ける。


「・・・たくさん呼んで・・・。嬉しい、から」


へんかな?と笑う爽子に、風早は少し驚いたようにじっと爽子を見つめた。そんな返答が帰ってくるとは、思っていなかったから。


「・・・」


風早は一呼吸置いて、寝そべっていたその体勢から身を起こした。爽子に体を向けて、真摯な眼差しでぽつりぽつりと話し出す。


「ちょっと、思うことがあって・・・」


胡坐をかいた足に手を置き、風早は俯いたまま言葉を繋げる。


「・・・夢を、見て」



「夢?夢って、あの・・・夜、見る夢?」


すやすやと心地よさそうに眠るマルを膝に乗せたまま、爽子は風早の言葉に心を傾ける。


「そう。・・・高校の、クラスの夢で、・・・別にいつもの生活と何も変わらないんだけど」


「うん・・・」


「黒沼だけ、いないんだ。何でだか分からないけど、どこ探してもいなくて・・・」


「・・・そうなんだ・・・。・・・夢って分かってるけど、なんか・・・寂しいね」


いつも優しい笑顔で見つめてくれる風早の様子と少し違うことに気付いた爽子は、静かに次の言葉を待った。風早はサラサラと風に髪を弄ばれながら、見つめているのは緩やかに流れる川の水。遠くで、水が石に当たって弾む音が聞こえる。


「起きたときになんだかすげー脱力でさ・・・。寝てたのに疲れちゃってんだよね」


ははっ、と思い出したように笑うが、その顔はやはりどこか寂しそうだった。


「それでさ。思ったんだ」


「うん」


「例えば・・ほら、1年のときの大晦日。2人でお参りしてさ。黒沼の小さい頃の話とか、聞いたでしょ」


「うん・・・そうだね、あんなつまらない話しで本当に申し訳なかったけれど・・・」


爽子はあのときの恥ずかしさを思い出して、思わず両頬に手を当てた。


「お互い、高校で会うまでは、別々に過ごしていたわけじゃん・・・それって、当たり前のことなんだけど・・・ちょっと、寂しくなっちゃって」


爽子は風早が一生懸命に言葉を選んで話そうとしているのを感じ取り、少しも聞き漏らすまいとついつい前傾姿勢になってしまう。


「・・・小さい頃のこととか、遠い日の事って、全部は分かち合えないよね・・・そういうのって・・・」


爽子の目に涙が浮かんでくる。じわりと滲む世界で、風早が慌てたような顔をしているのが見えた。


「わっ、黒沼、ゴメン!そんなつもりじゃなくて・・・!」


爽子はぶんぶんと頭を振った。


「違うの・・・想像してしまったら、つい・・・。ご、ごめんね。大丈夫だから、続けて?」


爽子は指で目元を押さえると、溢れそうだった涙をぬぐった。


「・・・過去には、俺はいなかったけど・・・でも、今はこうやって傍にいられるんだ。こうやって、同じものを見て・・・すごい、幸せなんだけど」


爽子はその後に続く言葉が想像できずに、風早が口を開くのを待つしかなかった。・・・しあわせだけど・・・なんだと言うのだろう。・・・それでも、すごく幸せと今は感じてくれているんだと思い、爽子は少しほっとした。


「これも、例えばなんだけど。ここにいるのが・・・例えばだよ。俺じゃなかったとしたら・・・って思うと、もう、眠れないほど怖い」


「それは・・・!私のほうだよ。風早君は、誰からも好かれていて、人望も厚くて、私なんかが・・・って、何回も何回も思ったよ・・・!」


(だから、そんな風に思わないで・・・。)


言葉にならない爽子の想いが伝わったのか、風早は優しく爽子の両手を取った。


「・・・ごめん。なんか、全然うまく話せないんだけど・・・つまり」


風早は不安そうな顔になってしまった爽子を見つめて、言った。


「俺の世界は、黒沼がいてくれるおかげで輝いてるし、一緒にいられることが嬉しいんだよってことなんだ」


「風早君・・・」


「・・・俺さぁ、小さい頃野球やってて、練習頑張って頑張って試合に勝ってさ、その日の夕飯が豪華だったりするとほんと、俺は世界で一番幸せだ!とか思ってたんだよね!」


ぱっと爽子の両手から手を離し、風早はまたごろりと寝転がった。


「・・・そん時の自分にさ、黒沼を見せてやりたいよ・・・」


爽子がその意味を理解し顔をぽっと染めたことを、瞼を閉じている風早には知る由もなかった。




-----



「・・・風早君」


「うん?」


優しい爽子の呼びかけに、風早は目を閉じたまま返事をする。


「・・・呼んでみただけ」



「・・・うん」





キラキラと輝く世界は、まるでダイヤモンドのよう。
今がこれほど愛しくなるなんて、思わなかった。
未来のことなんてまだ分からないけれど、純真で、真っ直ぐなこの人と、永く一緒にいられますように・・・


爽子はいつしか気持ちよさそうに寝息をたてる愛しい人を見つめ、微笑んだ。










Fin




******************************








みなさまこんにちは。芦屋トモです。
本当は昨日アップする予定だったんですけど、ごめんなさい。またもや寝ましたw春眠暁を覚えず状態です。


4月のお話しをずっと考えていました。
ダイヤモンドは、皆様もご存知の通り宝石の王様です。
石言葉は、「純真無垢」。
今までずっと、爽子だけがなんだかものすごく純粋でまっすぐだと思っていたところがありますが、よくよく考えてみればこの人こそこの言葉がこんなに似合うwよく言えばです。悪く言えば・・。・・・。言わないでおこうw


まっすぐに人を思うからこその畏怖の念って、誰でもあるのではないかと思います。それを真っ直ぐに真っ白な心で受け止められる人は、強いですよね。憧れます。




芦屋トモ
2010.4.27


*あなたは・・・
番目のお客様です*

プロフィール

芦屋 トモ

Author:芦屋 トモ



●○●○●○●○●○●○
【君に届け】二次小説を
描いていきます。
たまにイラストも描きます。
普段はジュエリー屋さんで
程々に働いてます。
●○●○●○●○●○●○

・・* トモへの連絡はこちらから *・・



・検索エンジン登録しています!!
↓↓ 素敵サイトさま沢山ですよ! ↓↓

君に届けRING



つぶやくかは謎
twitter



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © *+*+ Honey Sweet +*+* All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。